2012年10月29日月曜日

カタナ川とぼく

時々、小さい魚がチャポンって跳ねるんだよ。
マキオです。
ぼく、川に行くのが好きなんだ。
よく行くのはカタナ川っていう川なんだけど、途中で小さい川に分かれてるところがあって、そこは流れがゆるやかで浅いんだ。
時々、ボスたちと水用の青いアミを持って魚を捕まえに行くんだよ。
小さい魚とかカワニナとかしかいないけど、すごくワクワクするんだよねー。
捕まえた魚は家に持って帰って水槽で飼うこともあるけど、ほとんど逃しちゃうかな。
自然の魚って育てるのが難しいんだ。
そういえば、一度すごく大きな魚の影を見たことがあるよ。
ぼくと同じくらいの大きさだったと思う。
普通の魚の形じゃなくて、アンコウみたいな形だった気がするんだけど、あれってなんだったんだろう?
ぼくも、一緒にいたボスとサブも、びっくりして動けなかったよ。
怖かったけど捕まえてみたかったなぁ。
川には不思議がいっぱいだよね。